ウイブログ プロフィール資料請求メンバー入り口

突然ですけど、新型ワゴンRのFXって売れていますか?
直営店では、新型の発表から、しばらくの間、ワゴンRの仕入れが難しかったので、
姉妹車であるAZワゴンを用意して、展開をしたんですけどね。

・・・売れない。

ビックリするくらい売れていないんですよッ
発表の直後も、いま現在でもFX(AZワゴンはXG)はダメ。

発表後から、つい最近まで仕入価格なんかも厳しかったですけどね。
ここ最近はオークション相場なんかでも軽自動車は暴落していますので、
旧型と同じ「79万8千円」とかで掲載してもみましたが、
コレでもダメッ ぜんぜんダメです、、



「もうワゴンRも終わったかなぁ・・・」
なんて考えていたんですが、同じワゴンRでもスティングレーの動きは悪くない、、

まぁ、スティングレーっていえば軽自動車の中ではプレミアムモデルで、
高価格帯に属するクルマだから、こーいう景気に左右されにくいとも
思ったんですけどね。

この前、スティングレーをご購入いただきましたお客様と営業スタッフとの
商談を聞いていて、ちょっと思ったんです。


もともと、こちらのお客様は
スティングレー狙いだったわけではありませんでした。
候補には挙げていらしたみたいですけどね。
FXリミテッドあたりの、ちょっとスタイリッシュな
トールワゴンを狙っていたということ。

そのお客様が言ったんですね。

「このくらいの価格差なら
スティングレーがいいかな」

“このくらい”といっても10万円ちかい差が
FXリミテッドとスティングレーではあったんですけど、
結局はくスティングレーをお選びになりました。



このような傾向って、このお客様に限ったことではなくて、最近は頻繁に聞くんですよ。
これまでは10万円なんていう価格差で、他のクルマに移り変わるなんていうことは
なかったんですけどね。

そのクルマの価値と価格というバランスを考えながら、
「少しでも安く」というよりも「少しでもいいモノを」という傾向が強まっている感があります。

続く
現在のモード:非会員モード

仕掛けて売り切るヒット力
ユニクロの柳井正会長兼社長 その独走を裏付ける、徹底した「攻め」の経営や失敗を恐れず挑戦を続けるカリスマの哲学を知ることができますッ
カテゴリ
売れ筋
Oui脳
最初の一歩
ダウンロード
ツール
メンバーサイト