ウイブログ プロフィール資料請求メンバー入り口

今となっては、ほとんどの会社&お店が自社のホームページを
持っているとは思いますけどね。
私個人ではホームページっていうのは「お店」だと考えています。


ホームページを作っただけでは意味がありません。

そこへの集客も考えなくてはなりませんし、
どのように車を並べるか、どのように見せるとお客様は楽しいか、そして見やすいか。
せっかく来ていただいたお客様に、どうやってお店のことを知ってもらうか・・・。

そんなことも考えますし、

売れた車を運び出して、新しい車を展示する。
お店の動きを見せるため、定期的に展示車を並べ替えなくてはならない・・・。

そんなことも当然のごとく必要になります。



まさにお店で考えることと一緒なんです。


、、で、
出店するときって、絶対に考えるのが立地ですよね。

大通りから外れたような立地条件の悪い場所は家賃は安いでしょうが、
その分、お店に誘導する看板や広告費が必要になりますし、
かといって大通りに面して、目立つようなメインのエリアだと、
あまりにも家賃が高すぎる・・・。

そんなことも考えながら出店場所を決めているんだと思います。



これはホームページでも一緒で、
いわゆる自社ドメイン、、
つまり自分たちで取得したホームページURLを使って
自分たちでホームページを作成する。

基本的には、この方法が1番安価になりますが
これは大通りから外れたような場所に路面店を作るようなものですから、
作成した後には、お客様を集客するための費用や労力が必要になります。

YAHOO!などへのカテゴリー登録やキーワード広告、SEOやSEMの対策、
ページ作成を外注先に依頼しているのであれば、企画やキャンペーン開催ごとに
ページ製作費用も必要になってきますね。

このようなことを続けて、人通りの少ない路地から、
少しずつメインの大通りに近づいていく・・・。

リアルの実店舗と異なるのは、このような努力で立地条件が変わっていくことですね。



それに対して楽天やビッダーズに出店するのは、百貨店に出店するようなものです。
大きな意味ではカーセンサーやグーなど、雑誌系のサイトに掲載するのも
この部類に入るのかもしれません。

当然、百貨店ですから家賃などを始めとしたコストは
路面店(自社ドメイン)と比べても、多く必要になりますが、
メインの大通りにあるようなものですから集客は保証付きです。

また、その百貨店が行うキャンペーンに参加することで、
その百貨店が持っている集客力に“のっかる”こともできます。

でも、百貨店には同業種も出店していますんで、当然ですが競争もあります。


路面店と百貨店・・・。
比べてみても一長一短なので、どちらが正しいということはないんですけどね、、

次に続く
現在のモード:非会員モード

仕掛けて売り切るヒット力
ユニクロの柳井正会長兼社長 その独走を裏付ける、徹底した「攻め」の経営や失敗を恐れず挑戦を続けるカリスマの哲学を知ることができますッ
カテゴリ
売れ筋
Oui脳
最初の一歩
ダウンロード
ツール
メンバーサイト