ウイブログ プロフィール資料請求メンバー入り口

軽の未使用車に強い関心
「登録諸費用を重点に」
おとり広告などもマーク


「自動車公正取引協議会(=公取協)は、このほど、軽自動車の未使用車を中心に、
登録諸費用や表示の適否などの実態調査を手がける意向を明らかにした。
公取協のこの種の調査は、定期的に実施しているが、今回の場合は、特定の
目的をもって、しかも、ある一点を集中的に分析するという意図があるため、
きわめて興味深い注目と関心を集めている。
成り行きには、かなりの意外性があるといってもよさそうだ。」

このような記事が2月21日の「週刊The Used Car Journal」に
掲載されました。軽自動車の未使用車を中心に扱うウイウイとしても
ちょっとビックリ、、というところでしょうか。


ナニナニ??なんて思って読み進んでいきますと、
「ダイハツ、スズキ両陣営の激しい攻防を背景にして」という
未使用車の拡販についての背景が語られ、
これにより「翼下販売協力店が、合法もしくは非合法かの論議が渦巻くほど、
いろいろな手を打って、ユーザーにアピールを繰り返している」
となっています。

確かに、法律のど真ん中を通ったようなチラシは
ほとんど見当たりませんし、法律のハシっこ、もしくはハシからも
外れてしまったようなチラシも見かけます。


ここまでは、いつものこと。
定期的に公取協が調査を実施していると、こんな話題にはなりますけどね。

「さらに、事態を複雑にしているのが、特定のコンサルタント企業が
きわめて微妙な指導を続けていることだ。」

こんな具合的なことが記事なると、かなり驚きです・・・。
その他にも、

「悪質なおとり広告になりかねない懸念」
「登録諸費用などの不当な高額請求」
「ユーザーの無知につけ込む悪質な販売」

・・・。かなり手厳しい表現の記事が掲載されていますッ


もちろん、このような面でのトラブルが急増しているとのことですし、
お客様にご迷惑や不信感を与えるなんていうのは、
わたしたちウイウイの本部としても好ましくない事態ですからね。

「適正な諸費用」というのは、とらえる人それぞれで尺度が異なり、
難しいものではありますが、営業マンがきちんと説明して、
お客様にご理解をいただかないと。

その上で、いただいたお金以上の満足度を与える努力・・・
密な連絡とか、素早い対応、納車までの分かりやすい段取りとかね。

このような“基本”ができてないからトラブルになるんじゃないのかなぁ
、、なんて、個人的には感じてしまいますけど。



私たち本部も公取協とは意見交換や情報交換も行っていますし、
何か指摘があれば是正はしていっていますよ。
法令遵守という面もありますけど、何よりも“お客様に不利益を与えない”
ということを重視していますッ


いずれにしても、これから調査が始まるようです。
それによって、健全で、お客様が安心して、満足して軽自動車の未使用車を
手に入れることができるような業界になればいいですよね。

それが1番ですからッ
現在のモード:非会員モード

仕掛けて売り切るヒット力
ユニクロの柳井正会長兼社長 その独走を裏付ける、徹底した「攻め」の経営や失敗を恐れず挑戦を続けるカリスマの哲学を知ることができますッ
カテゴリ
売れ筋
Oui脳
最初の一歩
ダウンロード
ツール
メンバーサイト