ウイブログ プロフィール資料請求メンバー入り口

この前、単価の安いCDやDVDを売るのにも、
皆さん、いろいろと並べ方を考えて工夫しているんですよ。

というお話をしました。

今回は、それではクルマを並べるっていうことについて具体的に・・・。
参考にしていただければ幸いですッ





まず、皆さんが覚えておかなければならないのは、
お店の前を通っている人は、私たちが思っているよりも、まったく意識していない。
つまり、そこに自動車販売店があるっていうのを覚えていません。

大きな間口だったり、目立つような看板があれば、目にも留まりますけど、
皆さん全員が、そのような恵まれた環境っていうこともないでしょうし、
そうであっても、やっぱり私たちが期待しているほど、
お客様の目には留まっていないっていうのが、ほとんどです。

だから、ほとんどのお店が派手な看板を立てたり、ネオンを点けたりするんですね。
そうやって、一生懸命にお客様の注意を引いているわけですッ


でも、看板やネオンていうのは、定期的にそのお店の前を通っているような人にとっては、
そのうち見慣れてしまい、普通の景色と変わらないものになってしまいますよね。

だから“動き”が必要になるんですッ





“動き”にも、いろいろありますが、まずはノボリのようなものも動きの一つですね。
当然、止まっているものよりも、動いているモノのほうが目に留まるわけですし、
ウイウイでも、やっぱりノボリは使用しています。

「未使用車」「軽自動車」「カーセンサー」「GOO」・・・。
いろいろな種類のノボリがありますが、どのノボリを使うかっていうのはセンスの問われるところ、、

まぁ、「これはダメ!」ていうのはありませんけど、
やはり、お店の特徴とか、その時に発信したいメッセージを出すべきですよね。
「39万8千円専門店」と「未使用車69万8千円〜」では、アピールできるお客様層が
まったく違いますッ

どのようなお客様層に何を伝えたいのかっていうのが、ハッキリしないといけない。


あと、そのような具体的なものではない・・・。
例えば「Goo」とか「カーセンサー」なんていう雑誌名が入ったノボリとか
「OUIOUI」のロゴ、「初売り」などの季節モノをポイントとして使用するといいですよ。

お店の特徴をアピールできるような具体的なメッセージのノボリって、
それほどの枚数が売れるものではないので、
製作側も、コストの問題で1色とか2色刷りにしているのが多いんです。


そのようなノボリだけを立てても、ちょっと遠めに見ると寂しいんですよね。
だから、ポイントとして違う色合いのものを混ぜるわけです。


・・・あっ、、
クルマの並べ方って言っておきながら、ノボリのことだけで、
けっこう長くなってしまいました。

ノボリも定期的に変えていって、うす〜くなった古びたノボリなんかを立てっぱなしにするのは、
絶対にやめてくださいね。

・・・と付け加えて、次回に続きます〜
現在のモード:非会員モード

仕掛けて売り切るヒット力
ユニクロの柳井正会長兼社長 その独走を裏付ける、徹底した「攻め」の経営や失敗を恐れず挑戦を続けるカリスマの哲学を知ることができますッ
カテゴリ
売れ筋
Oui脳
最初の一歩
ダウンロード
ツール
メンバーサイト