ウイブログ プロフィール資料請求メンバー入り口

この前、「お買い得感」ていうお話をしましたが、
もちろん、高くては売れないという現実もあります(涙)。

「これくらいなら安く感じてくれるだろう」「これはお買い得!!」
いったい、どんな内容&価格ならお客様が動いてくれるのか、、
そんなことを考えていると、どうしても薄利の方向に進んでしまいます。


安く見せて集客し、考え抜かれた品揃えや部用品の販売、その後の整備点検・・・。
そのような形で長い目で見ながら収益を上げていくという考え方もありますし、
その具体例やテクニック的な部分ていうのはウイウイでも実践と検証を繰り返していますよね。
会議などで皆さんからお寄せいただく成功事例や失敗事例は、本当に参考になりますッ

・・・で、そんな中、思うことは、
事例の参考やテクニック、企画の実践ていうのは、すぐにできるんですね。
その反対に、やっぱり長く時間を必要とするのは、その根幹とでも言いましょうか、、

「そのような薄利でも成り立つ経営体質っていうのは時間がかかるなぁ」と。
そんな風に感じます。


「売上を最大に、経費を最小にする」というのは、京セラを設立した稲盛和夫氏が
このアメーバ経営という著書の中で書いてらっしゃる言葉ですけど、、


アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役

まぁ、当たり前といえば当たり前なんですけどね。
でも、「経費を最小にする」っていうのは、なかなか時間がかかるものです。

本部の直営店でも「経費・経費」と、ことある毎に言われるんですけどね。
トップダウンで言われ、それをそのままトップダウンで末端まで伝えれば
ヘタをするとモチベーションがガクッと下がります。


でも、ここ最近、時間はかかりましたけど、かなり経費は下がってきましたね。
むやみに下げたというよりも、きちんと各自に意識が芽生えてきたというか・・・。

べつに難しい経営学を勉強したわけでもなく、経費が下がるよなシステムを投資した
わけでもありません。
やっぱり意識・・・。企業って人なんだなぁ、、と。

勉強やシステムよりも一人一人の意識に勝るものは無いんですッ


この「アメーバ経営」って、その内容では賛否両論ですし、私自身も「??」ていう
部分もあるんですけど、やっぱり社員一人一人が会社を作っているていう意識を
再確認するには「なるほどなぁ」と思わせるものがありますね。

・・・ほんと、、時間がかかるんですけどね(再・涙)
現在のモード:非会員モード

仕掛けて売り切るヒット力
ユニクロの柳井正会長兼社長 その独走を裏付ける、徹底した「攻め」の経営や失敗を恐れず挑戦を続けるカリスマの哲学を知ることができますッ
カテゴリ
売れ筋
Oui脳
最初の一歩
ダウンロード
ツール
メンバーサイト